葛井寺

五番札所に行ってきました。

 

【紫雲山:葛井寺(藤井寺)】

Webサイト
http://www.geocities.jp/saikoku33_5/
宗派
真言宗御室派
御本尊
十一面千手千眼観世音菩薩
開基
行基
住所
大阪府藤井寺市藤井寺1-16-21
拝観料
無料
駐輪場所
以下の記事をご覧ください
四輪駐車場
有料であり。少し離れた場所にあります

 

施福寺横の『ゆたか茶屋』でまったりとした時間を過ごし、

このままビール飲んでぼけーっとしたいという欲望に打ち負けそうになりながらも、

山をえっちらおっちらと、しょーもない話をしながら下り、

この日の課題、西国三十三箇所巡礼 Part5・葛井寺(ふじいでら)へ出発しました。

 

【ルート】

R170。

約29キロ。

まったくもってつまらない道でありました。

 

【葛井寺】

これを「ふじいでら」と読むとは。。。

葛井寺と書いて、ふじいでら

 

葛井寺は住宅街の中にあり、

駐車場(有料)は、お寺から少し離れた場所にあります。

 

単車の我々は、その有料駐車場をパスし、葛井寺横まで向かいました。

葛井寺・山門

もしかしたら、南大門前の車止めを抜けたところに停められるのかもしれませんが、

我々は東側のお寺の車が出入りする門の前(駐車したらあかん!と書いてあります)に

なるべく邪魔にならないように停めました。

 

2010022709

その駐車したらあかん!と書いてあるところに単車を停め、

手水舎で手を洗おうとしていると、早速、寺男?お寺の方が我々の単車を

見ておられるのが目に入りました。

 

「あ。やばい」

我々はそそくさと単車のところに戻り、

「動かしましょうか?」とお寺の方に問うたところ、

「構いませんよ」と言っていただきました。

 

この日は、参拝者も少なく単車も我々だけであったので、そう言ってくださっただけ

かもしれません。

 

とにかく、ここは駐車スペースに悩みます。

素直に有料に停めたほうが精神衛生上はよろしいかと思います。

 

で、そのお寺の方としばらく話をしていたところ、

なんと、この方もW650に乗っておられるとのこと。

だから、私の単車を眺めていただけだったそうです。

 

なんと奇遇。W650や、かつてのWシリーズの話などをした後、

葛井寺参拝を開始しました。

 

再度、手水舎で手を洗おうとしていると、

ひしゃくの何本かの柄に「吹石一恵」と書かれてあります。

 

「おい。おい。吹石一恵って書いてあるでぇ」と私。

「誰やねん?それ」とシンさん。

 

女優さんでやな~Eカップでやな~ 😎 ・・・

シンさんにテレビに出てる人の話をしても通じません。

彼は目の前にあることにしか興味がないお方であります。

 

ひしゃくの「吹石一恵」さんがあの「吹石一恵」さんなのか

お寺の方に聞けばよかったのですが、そのときにはW650な寺男の方は

どっかに行ってしまわれていました。

確か親父さんが元近鉄の選手だったはず。

だとすれば、藤井寺という土地に縁はあるでしょう。

どうなんでしょ???

 

2010022710

駐車場代!ということで、ぶっとい線香を買って、

あの釜↑っちゅうんですか?あれに入れて、記帳してもろて、

葛井寺参拝を終了しました。

 

 

帰りはR170&阪奈道路で。

 

ツーリングというには、あまりにも単調でつまらないライディングではありましたが、

これもまた巡礼であります。

 

まだまだ、つづく。

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です