善峰寺

二十番札所に行ってきました。

 

【西山:善峰寺】

善峰寺 山門

Webサイト
http://www.yoshiminedera.com/
宗派
天台宗単立
御本尊
千手観世音菩薩
開基
源算上人
住所
京都市西京区大原野小塩町1372
拝観料
500円
駐輪場所
四輪と同じ。ただし、バイクは無料。
四輪駐車場
500円

 

【ルート】

マクドナルド(外環四条畷店)で集合。

普通の国道です。残念ながら、つまらない道です。

そういえば、R171ではサイン会をやっていました。

 

よしみね乃里

周辺に食事をするところはあまりありません。

食事時に行かれる場合は、手前のR171沿いで取るか、

善峰寺手前の『よしみね乃里』(上の写真の像が目印)で、ということになると思います。

 

私たちは『よしみね乃里』にて昼食。松茸ご飯定食1,700円!!!でした。

 

【駐輪場所】

善峰寺 駐車場入り口

「バイク」無料・ゲート左側通ること。

 

善峰寺 駐輪場所

四輪はゲートで500円を払う必要がありますが、バイクは左側を通って無料です。

 

【善峰寺】

3万坪の境内の参拝順路は一周40分と、境内図に書かれてあります。

 

徳川5代将軍綱吉の生母ゆかりの寺ということで、徳川ゆかりの寺宝がある

寺宝館が公開されていて、それもじっくり眺めた私たちは40分以上かかりました。

 

寺宝館の特別公開は、

[春期]4月1日~30日、5、6月土・日・祝

[秋期]10月土・日・祝、11月1日~12月第1日曜日

ということです。

 

綱吉公といえば、『生類憐みの令』で評判はよくないですが、

私も変わりもんという印象でしたが、

実は名君であったという説を井沢元彦さんが「かなりしつこい逆説の日本史」で

唱えておられます。


善峰寺に行かれる前に綱吉公について調べておくと、

寺宝館には、綱吉公直筆の書や、絵もあり(確かあったはず)、

少し綱吉公その人に近づけたように気になれるかもしれません。

 

また、境内には様々な花や木々が植えられていて、季節ごとに楽しめるようです。

私たちが行った10月23日では紅葉(11月上旬より12月初旬)には早く、

秋明菊(9、10月)は、ちょっとベストを過ぎてしまっていたようです。

 

おそらく大変な人の数になってしまうでしょうが、桜の時期がいいのではないかと思います。

善峰寺 しだれ桜

写真は、桂昌院が植えられたという、しだれ桜です。

 

『遊龍の松』というおそろしく横に伸びた松があります。

善峰寺 遊龍の松

この写真ではよくわかりませんが、デカいです。

よくまぁ、ここまでデカくなったもんです。

 

境内には京都市内の街を一望できる場所が何箇所もあります。

夜景がきれいなんだろうなと思いますが、入山時間4時半までで午後5時には閉門してしまうので

夜に見ることはできません。

・・・12月31日には除夜の鐘をつく行事があり、このときは見られるのかもしれません。

 

善峰寺 観音堂

ゆっくりと境内を廻り、心静かに御仏の思いを感じながら、、、というわけにはいかず、

毎度のことながら、お寺や仏教にはまったく関係ないしょーもない話をしながら、

善峰寺を廻り終えました。

 

 

旅は20/33と、60%終わりましたが、まだまだ続きます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です